婚活人気.net

婚活人気.net

トピックス 

トピックス 66


若さや元気など、失っていくものあるけれど、年齢を重ねたからこそ出せる、大人の魅力もきっとあるはず。そう信じてイキイキと年齢を重ねている人は、年代や性別を問わず、憧れられたり、必要とされたり、人間としてもモテます。最近、40代男性が人気とか、熟女ブームだとか言われるようになったのも、そんな風に「年齢を言い訳にせず努力する、魅力的な大人」が増えたから、ということも一因にあるのではないでしょうか。もちろん、これは「無理な若作りをすること」とは全く違います。しかし、学校や職場で顔を合わせる異性とは、既に恋愛対象にはならないという方も多いのではないでしょうか。最近、婚活が盛んなのも近くにいる異性が恋愛対象ではないが故に、恋愛をしたい人は婚活をするのだと思います。
早期離職した若手社会人と話をしていると「こんなはずじゃなかった」という台詞をよく耳にします。入社前に思い描いていた社会人生活と、実際のそれとが異なっているからこそのボヤキのようなものだと思います。就活にせよ転職にせよ、世の中には、それに関する情報はあふれています。ノウハウを指南するサイトや、あるべき論を語る人たち、就活・転職サイトでは満面の笑みを浮かべた従業員たちが、とても働きやすい職場だから一緒に仕事しようよと誘ってきます。それらをすべて見るだけでも大変な労力です。しかし、それだけ情報があふれているのにもかかわらず、「こんなはずじゃなかった」と嘆く若手社会人は減ることがなく、志半ばに苦労して入社した会社を後にしてしまいます。
アラフォーとは、アラウンド・フォーティー(around 40)、40歳前後(35〜44歳)の女性を指す言葉として用いられ、2008年の流行語大賞に選ばれました。これほどアラフォーが流行したのは、女性にとって40歳前後は、結婚、出産、仕事についてある決断をしなければならない特別な時期というニュアンスが含まれているからではないでしょうか。つまり、出産がぎりぎりの年齢、「妊娠崖っぷち年齢」だから。「産むか産まないか」すごく悩むわけです。そして、「不況だし、また大地震が起こるかもしれないし、ビッグダディのように子だくさんの人もいるから別に私が産む必要はない」などと、自分を納得させるための理由をたくさん列挙したりします。本当は産みたいにもかかわらず。こういう気持ち、女性の皆さんはきっと共感できるはずです。国勢調査(10年)によれば、アラフォー女子の3.5人に1人が独身です。しかも年収の多い方ほど、結婚していない傾向がある。男性は、この年齢で結婚していないと「男として一人前ではない」というようなことを周りから言われ、自分でもそういう意識を持つもの。一方で彼女たちは、毎日の生活にある程度満足しており、「一生独身だとしても、それでもいいかな」と、いい意味で開き直っているところもあります。



           サイトマップ

Copyright c 婚活人気.net All Right Reserved.