婚活人気.net

婚活人気.net

トピックス 

トピックス 69


もうすぐお正月。実家の両親や親戚と連絡を取ることも増える時期ですが、適齢期の独身男女にしてみれば、また「結婚しないの?」と聞かれたり、「久々に顔を会わせれば、また言われるだろうなぁ」と想像してちょっぴりブルーになっている人も居るのではないでしょうか.適齢期の男女に対しての「結婚したくなるのはどんなとき?」という幾つかのアンケートでは、「親の老いを感じて」「親を安心させたくて」という理由が幾つか見受けられます。「親の病気が分かり、結婚を早めた」という人や、「ご両親の老いを感じて結婚を考え始めた」など、ご両親の変化は、少なくとも結婚のキッカケや後押しにはなっているようです。
結婚は制度であり、物質的な欲望や世間的な打算に満ちている。義務もあれば儀式もある。結婚は、そういった「世俗」的なものを引き受けることに他ならない。明治の人たちは西洋思想の「ラブ」を受け入れることによって、「肉体的な欲望を超越した精神性」や「男女が思い思われる関係」といった、日本にはなかった文化を知ったのだった。この「恋愛」という精神性の高い活動と「結婚」という打算的制度との矛盾に気付き、この二つを何とか融合させようとしてきた、明治人たちの格闘が想像できる。
「仕事が楽しいけどそろそろ結婚もしないと。でも、しばらく彼氏がいないし、周りにはいい男がいないし、いても既婚者だし……普段の行動範囲外に出て婚活してみようかな」このような理由で結婚活動=婚活をスタートさせる女性は多いのではないでしょうか。結婚相談所へ登録、お見合いパーティーに参加、知人に紹介を依頼などの方法で実際に相手と会ってみても結婚に至らず、「いい男がいない」と嘆く女性は跡を絶ちません。なぜ、彼女たちの周りには、彼女たちが望むいい男がいないのでしょうか。それは、自分の市場価値を知らずに相手に求める理想ばかりが高くなってしまっているからに他なりません。



           サイトマップ

Copyright c 婚活人気.net All Right Reserved.