婚活人気.net

婚活人気.net

トピックス 

トピックス 71


あなたが長年培ってきた「勤勉さ」や「優しさ」や「誠実さ」は、結婚という制度にとって、素晴らしい資質であるのだから。あなたと同様に「結婚したい」と思っている未婚女性もたくさんいるはずです。でも、「結婚したい」という気持ちが心のどこかに「埋み火」のように残っているのなら、自分のできることすべてを「狩り」に注いでみて欲しいのです。
恋は頭でするもんじゃなくて、心で感じるもの。別に傷ついたって、その時はつらくても、あとになれば、傷は人生の肥やしになるし、傷があるからこそ人にやさしくなれたり、見えなかった世界がみえるようになるっていうプラスの面もあると思うの。恋の傷こそが、見えなかった世界をみせてくれて、人生を豊かにしてくれることもあるから、いちいち、頭でオトコの言動を深読みしないこと。だからかといって、明らかに他の女と遊びまくってる、駄目オトコと付き合って傷つきなさいっていってるわけじゃないわよ。ただ、頭でいろいろ考えすぎていると、まず『この人いいな』って思っても先に進めなくなるでしょう? 1回デートしただけで、あぁ、この人はこんな人なんだ、ショックだな、もう止めようとか、たった1回しか会ってないのに相手のことをわかったつもりになっちゃうじゃない。本当はたった1回の数時間一緒にいるだけじゃわからないことだってたくさんあるのに。相手を深読みして、恋の芽を摘んでしまってはもったいない。
金銭感覚だけでなく、おそらくTPOも含め、「どのくらいお金にセコいか」「どういった場面でセコくなるのか」という感覚が食い違うと、結婚して生活を共にするのは、とても大変。著者にも、一緒にスーパーで買い物するだけでも、「高くても美味しい豆腐がいいの」だとか「ステーキは高いものじゃないと美味しくない」、など言いあった経験があります。男性は、「この女性は、自分の経済力では手に負えない」と思うと、結婚対象外としてしまい、逆に「やりくり上手」な女性を見ると、安心して財布を任せられる、と思うと述べられています。
「トキめく相手とじゃなきゃどうしても結婚できない」という恋愛体質の人もいれば、「結婚には安心・安定や、分かり合えていることのほうが重要」、むしろ「安心だけがあればいい」と考える人もいます。総じて、前者は恋の勢いで結婚したり離婚したり、独身のままでいる人が多く、後者は、早々に落ち着いて信頼できる人を見極め、家庭を築いているケースが多いように見受けられます。「恋愛感情が湧く、刺激的な相手じゃないと、面白くない。だけど、安心できる人じゃないと結婚できないと思う。どちらを選べばいいか分からない!」と言って、本気で結婚はしたいと考えているものの、「刺激的な恋愛彼女」の次は「安心できる友人彼女」、だけど次また刺激的な彼女と、正反対のタイプの女性と付き合うことを、何度も繰り返している、なんて人もいます。



           サイトマップ

Copyright c 婚活人気.net All Right Reserved.